しぶたにちょくどう

京都 ライブハウス Existence  イグジスティンス
されどわれらが京都イグジスティンス


印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

Existence(京都 イグジスティンス)かつて、祇園の片隅で しぶたにちょくどう updated 2018-07-09



     元気でイコう


京都 ライブハウス Existence イグジスティンス しぶたにちょくどう

いつも心にファッキン・キョウト

ケチをつけることこそ俺の真骨頂 おまえの欠点丸見えさ
認められないものは認めるわけにはいかず
好き勝手に適当なことやるなよ
三番目の黒い雨が降りそこねたこの街には
もはや守るべきものなどありゃしない
所詮、僕らは生殖細胞の集まりであってさ
所詮、僕らは貪食細胞の固まりであってさ
いつも心にファッキン・キョウト
Yeah Yeah   Yeah Yeah Yeah Yeah   Yeah Yeah


破滅の最初の一歩こそは欲望であってね
あがけばあがくほどちゃんちゃらおかしいわけだ
許すわけじゃないけど やっちまったことはしょうがない
許すわけじゃないけど 起こしてしまったことはしょうがない
流行りのものには斜に構える癖があって
そのくせ流行らないことばかりやって困窮する
例えば僕の歌は純粋であろうはずがなく
かっぽじった腹の中には無数の弁が立ってらぁ
いつも心にファッキン・キョウト
Yeah Yeah   Yeah Yeah Yeah Yeah   Yeah Yeah


一億火の玉 三億地獄巡り 五億十億虐殺皆殺し
一億火の玉 三億地獄巡り 五億十億虐殺皆殺し


三番目の黒い雨が降りそこねたこの街には
もはや守るべきものなどありゃしない
所詮、僕らは生殖細胞の集まりであってさ
所詮、僕らは貪食細胞の固まりであってさ
いつも心にファッキン・キョウト
Yeah Yeah   Yeah Yeah Yeah Yeah   Yeah Yeah


黄色い俺は女の肉で生きている

狼なら満月を食い潰せ 好きなだけ噛み潰せばいいさ   
俺は怒っていたいわけじゃない 
いい加減なヤツが俺を怒らせるだけのこと
おう おう 告発してやろうか おう おう 告発してやろうか
なんならお前の欠点 俺が暴いてやろうか

卑劣な傍観者はほうっておけばいい   
俺たちにはやるべきことがあるじゃないか
もしもヤツらが俺たちの邪魔をするのなら
そのときこそは首をはねればいい

限りなく未来に近い現在の話がしたい
限りなく夢に近い現実の話さ
おのれの頭脳を食い潰して おのれの肉体を食い千切って

いい女を連れたお前を見てるとホッとするのさ   
男は女に評価されなきゃただの不能者さ     
守るものがあるから俺たちは戦う      
一人一殺それが最低のルール   
限りなく未来に近い 現在の話がしたい       
限りなく夢に近い現実の話さ          
おのれの頭脳を食い潰して おのれの肉体を食い千切って 

南へ下れ ベトナムの赤い血 
東へ向かえ アムステルダムの黒い雨
黄色い俺は夢を興し 女の肉で生きている  
ヤーヤヤヤ ヤー

南へ下れ ベトナムの赤い血 
東へ向かえ アムステルダムの黒い雨
黄色い俺は夢を興し 女の肉で生きている
ヤーヤヤヤ ヤー  

しぶたにちょくどう